〒521-0072 滋賀県米原市顔戸681-1 tel:0749-52-6655

米原市の歯科・小児歯科・予防歯科・審美歯科 こばやし歯科

ホワイトニング

HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

「ホワイトニング」はその名の通り、歯を白くする事。
ここで言う「ホワイトニング」は、過酸化水素の含まれる薬剤により人工的に歯を白くする事です。その方法には、歯科クリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。

ここ数年、日本でも歯のホワイトニングのことを雑誌やテレビ、インターネット等でよく見かけるようになりました。
日本人のホワイトニングへの関心が高まる一方、実に様々なホワイトニング方法を目にする機会が増えた為、どうやって効果的なホワイトニングを行えばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

オフィスホワイトニング(TiONホワイトニングのステップ)

オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、ホワイトニング剤に光を照射し、短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。


ホームホワイトニング

着色や変色してしまった歯の表面を専用のジェルによって白くするシステムで、歯を削ることなく、先生の指導のもと、ご家庭で安全にお手入れができます。
営業や接客業の方、就職活動中の方や、結婚式前のカップルなど、手軽な歯のホワイトニングでイメージアップしてみませんか?

当院では、
「TIONホワイトニング」 を取り扱っております。
詳しくはスタッフにご相談ください。

ホームホワイトニング

着色や変色してしまった歯の表面を専用のジェルによって白くするシステムで、歯を削ることなく、先生の指導のもと、ご家庭で安全にお手入れができます。
営業や接客業の方、就職活動中の方や、結婚式前のカップルなど、手軽な歯のホワイトニングでイメージアップしてみませんか?

当院では、
「TIONホワイトニング」 を取り扱っております。
詳しくはスタッフにご相談ください。

適応症例と変色度合

適応症例

  1. 加齢による変色歯(黄ばみなど)
  2. コーヒー、茶、タバコなどによる変色歯(歯面研磨剤で除去できない歯)
  3. 色素生成細菌による変色歯(歯面研磨で除去できない歯)
  4. 全身疾患に由来する変色歯(着色が軽度で形成不全を伴わない歯)
  5. 全身疾患による変色歯とは、テトラサイクリンによる変色歯(F1、F2程度)、フッ素、ヘマトポルフィリン症などによる変色歯が該当します。
  6. 症例によって効果には差が生じる場合があります。

変色度合い(Feinmanらの分類)

F1(第1度):
淡い黄色、褐色、灰色で歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様が見られないもの。
F2(第2度):
第1度よりも濃く歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様が見られないもの。
F3(第3度):
濃い灰色、青味がかった灰色で縞模様を伴うもの。
F4(第4度):
着色が強く、縞模様が顕著なもの。
  • 上記のF3、F4が適応症例外です。

ホワイトニングQ&A

Q 何故、歯は変色するのでしょうか?
A 変色にはさまざまな原因が考えられます。
一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副作用やフッ素の使用による変色も考えられます。
Q どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?
A ほとんどの方が可能です。
しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。
Q 安全に使用することが出来ますか?
A はい。
過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。
Q 歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?
A 通常は数日後に効果が現れ始めます。
個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。
Q 副作用はありませんか?
A 一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。
その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消失しますので、安心して使用することが出来ます。
Q 効果はどのくらい持続するのでしょうか?
A 個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。
しかし、カフェインやタバコなどの着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に使用してください。
TOP